スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
星降る夜に。うれしかったこと。
ずぅーっとPCの調子が悪かったり、バタバタしていたりして。
なんだかんだで1ヶ月くらいインできませんでした。
久しぶりにインすると、街はなんだかお祭り気分。
銀河祭が行われているところでした。

LSには誰もいなくて、ちょっと残念。
気をとりなおして、さっそくお祭りに参加です。
夜になると光る笹飾り、とっても綺麗ですね♪

モーグリに話しかけて。。。あら?
どうするのかしら。

王子さまと、お姫さまが歩くのを励ましたり、叩いたりするゲームみたいなのですが。
その王子さまとお姫さまはどこにいってしまったのかしら?

北サンドリア内をトンズラを使いながら猛スピードでかけまわりますが見つかりません。
と、もう一度モグに話しかけようと戻る途中で、それらしき人影を発見!

ここには書けない、というか書きたくないような恥ずかしいセリフが。。。
そこでようやくサンドリア港よりのスペースがお散歩ルートだと気づいたのですorz

それにしても、このバカップルぶりは、なんとも背筋がぞぞぅっとするほどのもの。
ちょっぴり殺意さえ覚えるイラっと感を体験したい方にはオススメイベントです(笑)

二回イベントを繰り返して、浴衣ももらっちゃいました★
かわい~ですね!
ピンク好きとしては、女の子用はピンクがよかったのですが。
紫もいいですね!でも、やっぱりいつかはピンク実装希望。。。

と、妄想にふけっていると、LSのヴィンさんからテルがきます。
どうやら、知らない間にLSのリダさんがいなくなってしまって、新しいLSで活動しているみたい。
いつのまにやらそんな出来事が。。。
「さよなら」も「ありがとう」も言えないままにお世話になった人がいなくなってしまうのは寂しいことです。

続いて、LSのアメちゃんと、レロさんからもテルをもらいました。
直接会ったわけじゃないのに、声かけてもらえるってことは、サーチして探してくれてたってことなのかな?
LSにいれてもらって1ヶ月。
そして、インしなくなって約1ヶ月。


忘れられちゃったかな?


正直、そう思ったりもしてました。


だから・・・不覚にもちょっとだけ泣いちゃったりしましたよ。



久しぶりに会ったヴィンさんは、モンクのアーティファクトを着ていました。
知らない間にみんな成長してるんだな。

私もここから再スタート!
ステキなお友達といっしょにまた、楽しいヴァナ生活を送っていきたいな、と思いました。

ブログも再開です。
みなさん、またよろしくです~!
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム
その他トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
釣り大会★
日曜日。LSのイベントの釣り大会に参加してきました☆
釣りってやってるのを見たことはあるのだけれど、やってみるのははじめて。
まず、釣竿とエサを買わなきゃっと、競売を覗いてみたりするのですが。
釣竿ってなんの部類に入るのか。というところからわからないのですorz

あっちこっち見ながらようやく探し当て。
とりあえずタルタル式釣竿とエビ団子を購入。
なんでこれが武器なのかしら?謎です。謎は深まるばかりなのです。。。


準備をして、いざイベント会場であるバス港にしゅっぱーつ!
もう集合時間を10分過ぎてしまっているのですが。。。
ジュノで慌ててシャウトしますが、こういうときに限ってテレポ屋さんがみつからない。
と、思っていると、むーちゃんがお迎えに来てくれるとのこと。
うぅっ嬉しいです(*゚ー゚*)
最近むーちゃんにはお世話になりっぱなし。


新人さんなアンさんがまだサンドということなので。
リダのポルさんがお迎えにいっています。
テレポホラでラテーヌに行き、そこで合流します。


そこからアンさんを護衛しつつ、バスに向かいます。
テクテク歩いていくのもまた楽しい♪
むーちゃんは、踊り子さんなので足が速くなる踊りが踊れます。
ポルさんは、忍者さんなので夜になると足が速くなる服を着られます。
オルはシーフなのでとんずらが使えて早く走れます。(注:5分に一度(笑))
からまれそうな敵をみかけると、やっつけて。
走って追いかける、という感じです。

遅刻した分際でいうのもなんですが。
誰かを守れるようになったのは、ちょっと成長したかな?
と、嬉しくおもったのです。


そして、釣り大会です!
制限時間15分で、釣り上げた魚(クラゲも含む)の数を競うもの。
私は初めてやるので、もちろんスキル0!
どれだけがんばれるかなぁ?

さっそく海辺で釣り糸をたらします。
すると、画面に『Fish』というバーがでます。
じっとまっていると、「何かがかかったようだ。自信はないがつれそうな気がする」というメッセージが。
どんだけ微妙なんの?wと、つっこみつつ。
とりあえず竿が揺れる方向と逆の方向に動かします。
すると『Fish』の体力(?)が減っていきます。
ゆれてる方向と同じ方に動かすと、回復してしまうみたい。
難しいなぁー。Σ( ̄ロ ̄*)
それでもなんとかクラゲを釣り上げます!


やったー!!(ノ´▽`)ノ



一回目は、5匹の魚を釣り上げることができましたよ♪


続いて二回戦。
コツがつかめてきたせいか、どんどん釣れます。
錆びたバケツや、錆びたレンギヌスなんかもじゃんじゃん釣れます(笑)
クラゲのほかに、バストアサーディンやキュスなんていう魚もつれるように。
試しに食べてみたのですが。
ミスラ以外の種族は、生魚が食べられないみたいですね。
設定細かいなぁ~さすが猫娘!
お刺身おいしー★


竿が左右にふられてるとき以外にもカーソルを動かしていたのですが。
そうすると、魚が回復してしまうことに、後半気づき。
竿が安定してるときは、何もしないようにするとなかなかスムーズに釣れました。

結果は、合計33匹で4位(たぶん)
初めてにしてはなかなかがんばりましたよ!
ちなみに、一番たくさん釣り上げてた方は、なんと88匹!
人間業じゃありませんw

バス港は、亜鉛鉱クエをしてたときには気づかなかったけど。
とても綺麗な場所です。
飛空挺がくると、跳ね橋が上がります。
工業都市バストゥークならではって感じの光景ですね。
早くあれに乗れるようになりたいな。


戦う以外の楽しみを発見できた1日でした。
めでたしめでたし!
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
カザムパス下さい。
お久しぶりです。
オルです~
ブログはお久しぶりなのですが、FFの中ではいろんな出来事がありました。


その①【25才になった~ら♪】


休みの日に長時間いっきに進めるタイプの私。
休日の午前中から、希望を出しつつジュノの街見物をしていると。。。
さっそくPTのお誘いです。
初クフィムに出発です!【やったー!!】
日本人さんだったのですが、皇帝の指輪を使用しつつ、
サクサク敵をやっつけていると・・・ほんとに早くレベルが上がっていきます。
そんな中、骨にからまれ、とっさに塔の中に逃げ込みます。


すると。。。


プロマシアミッションが始まってしまいました!
バハムートかっこぃーー!!!


大興奮しながらも、あっというまに25才になりました。


リダさんが、カザムに移動しましょうという提案をします。
カザムってあの噂の辺境の地のカザムかな?
カザムパスもってないです。
と、リダさんに伝えると、カザムパスを買ってくれるとのことです。
お金を出して買っていただくわけに行かないので、
速攻断って、みなさんには移動してもらうことになりました。



ぽつんと、ジュノの空の下に取り残された私。


空が青いなぁ。。。


ぼうっと眺めながら、試しにシャウトしてみます。
街中で叫ぶのはこれが始めて。


『どなたか、カザム行きのパス取り手伝ってくださいませんか?』



一度だけ、叫んでじっと待ってみます。
何人かが私の事を見つめて、去っていきます。
うぅっ寂しい。。。!(*´ー`*)」



そう思っていたときに。
「手伝いましょうか?」
と、ピンク色の文字が流れます。


あれ?
泣きそうなぐらいに嬉しいテルでした。
その人は、黒魔道士レベル75の人で、とてもとても強い人です。
まずは、ギデアスに行くとのこと。
サルサバスタを通るので、とても懐かしい。
そういえば、戦士が10になった時以来帰ってない場所。
テレポをしてもらって、初めて気づくのです。


「ごめんなさい。私まだチョコボ乗れないんです;;」


しょうがないので、覚えたてのトンズラを駆使して、一生懸命走ります。
シーフでよかったー!
ドキドキしながら通ったタロンギ渓谷、今ではゴブもヤグも見向きもしません。
少しは強くなったのかな?私。


サルサバスタを走り抜けて、ギデアスへ。
ギデアスは、入り口にちょこっと入ったことがあるくらいで、あとは全然わかりません。
だまって、黒さんについていきます。
落とし穴に落ちたり、くねくねした道を通ったりしながらようやく奥に到達!
黒さんが、魔法を唱えると、その1回の魔法でヤグは死んでしまいます。
おぉーすごい!
と、見ていると。
トレハンのせたいから、殴っていって。
とのこと。
私がパシっとたたいて、黒さんの魔法で削るということを繰り返し。

ヤグに人気

なんとか、カギがでます。
これでカザムに行けるのね!!!
と、喜ぶと、テレポデムを唱える黒さん。


「まだだよw」


え~~!!!
もう十分がんばってもらった気がするのですが。。。“o( ̄‐ ̄*)

(ちなみに私はがんばってません・・・)

デムからいくのはパルブロ鉱山。
この時、チョコボクエを受けてから1時間以上経過していたので、
いったんジュノに戻してもらって、免許取得しちゃいます。
ヤッター!(*゚ー゚*)
すごく気分爽快です!
チョコボかわいいし。乗ってるなぁ~って感じがしてすごくいいです!
でも、チョコボに喜んでいる場合じゃないのです。
黒さんを追いかけてついていきます。
カメさんをたくさん退治して、最後のオークを退治しきった頃には
もう4時間近く経過していました。


空が赤いです。
夕日が目にしみます


ほんとに、ほんとに感謝してもしきれないです。
強くなりたい、と強く思った日です。
早く誰かの役に立てる日がくればいいのに。
「いつか、強くなったらお手伝いさせてください。」


それだけしか今は言えないけど。
ヴァナディールにはステキな出会いがあるのだな、と思った日でした。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム
その他トラックバック(0) | コメント(7) | top↑
ジュノへ行くのです!
ちょっぴりお久しぶりです。
オルでっす!
最近リアル多忙でなかなかインできません;;
ブログ更新も怠り気味。
早く強くなりたいのになぁ。。。

最近の出来事。
PTに誘われるときは、PTに参加。「はい、よろこんで!」
釣りにも言われる前に行くように。
積極的ですよ。かなり!

生き別れの姉妹との出会いとか。
同じ顔



いろんなPTに参加しました!
18になったとき、secret beach 【集まってください】と言われました。
秘密の砂浜?
そんなところがあるのですね。
リーダーさんにワクワクしながら着いていきます。
ゴブリンがウヨウヨいる場所を通過して。
暗いトンネルをコウモリに怯えながら通り抜けて。
そして広がる青い海!


ほんとにキレイな所です。
マップを見てみると、何も描かれていない場所。
色鮮やかな花が咲き、誰もいない、名前の通り秘密ビーチです。
空飛ぶゴブリンがいるくらいに、不思議な場所です。


空飛ぶゴブ


そんなこんなで、ついに20才に!


☆★ヤッヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ター★☆


LSの方々に色々教えてもらったところ。
20才になったら、ジュノという街(すごく都会)に行って、
チョコボでブイブイいわせちゃったりして。
クフィムという裏庭のドンになるのだそうですヨ!ヾ( ~▽~)ツ
(※一部オル的脚色有り。)


PTが終わったあと、LSのラピちゃんと、ムーちゃんに連れて行ってもらうことに。
このLSに入って、1ヶ月弱経つけど、会ったことがあるのって、
二人だけしかいなかったりするので、そういう意味でも緊張です。


ラピちゃんは、タルタルの白魔道士さん。ムーちゃんはミスラの踊り子さん。
二人ともすごくステキです!ほれちゃいますv(。・ω・。)
ラピちゃんの被り物も、ムーちゃんの赤いバラと網タイツも二人ともすごーく似合ってました。
私はどんな服を着られるようになるんだろう?


コンシュタットから、パシュハウ沼という場所にいきます。
前に、ハチを追いかけていって、間違えて飛び込んだことのあるエリア。
昼間でも空はどんより雨模様。雷なんかもピカっと鳴ったりして怖いところです。


一人で来たときは、速攻引き返したのだけれど。
今回は、頼もしい隊長が一緒なので。ちょっぴり強気です(笑)
のんびり観光気分で色々見ていたら。
何度かゴブリンや亀さんに絡まれてしまったのですが、素晴らしい技で撃退してもらったので。
無傷で行くことができたのです。


沼には、カエルが鳴いていたり。
ウィンダス周辺で見かけた、あんまり再会が嬉しくないイモイモがいたり。
綺麗な白い花が咲いていたりしました。
見るのに夢中で写真を撮る暇がなかったので。今度また来てとってみよう♪


沼を抜けると、美しい音楽の流れる平原へ出ました。
ロランベリー高原です。
さっきの沼地とは別世界。
音楽がすごくマッチしていてキレイです。(*゜ー゜*)
葡萄畑には葡萄がなっていたり。(よく考えるとロランベリーかも)
食べれないのが残念。。。“o( ̄‐ ̄*)


ロランベリーを抜けると、そこがジュノでした。
ついにジュノデビューをしてしまったのです!


二人にジュノ上層でチョコボクエがあるよ、と教わったので。
早速手前にある階段を登ってみると。。。。


見晴らしはいいけど、なんか違う・・・?


ジュノ下層は、下層というけど、2重構造になっているみたいです!
超都会!Σ( ̄ロ ̄*)

突き当たりの階段を登ると、そこがジュノ上層でした。
更にまだ上の階があるみたいだけど、なんで天井がないのでしょう?
・・・深く考えるのはやめておきましょう。

そして、ついに愛しのチョコボとの対面です。
おっちゃんに、「チョコボのーせて!」と言うと。


「いやぁ、チョコボ迷子になっちゃってさぁ。
たぶんラテーヌ高原にいると思うんだけど、探してくれない?」
のような事を言われてしまい。一瞬固まる私。
またあそこに戻るとですか・・・・?('□'*)


どうやら、違うクエストが発生してしまったようです。orz
もう2回話しかけると、チョコボ免許の取得クエが始まりました。
よかったー♪(o^∇^o)ノ

リアル1時間毎に変な草(ラピちゃん談)を与えるそうです。
とりあえず、ムーちゃんにもらった草を一つだけ上げてログアウト。

次にインしたらジュノを探検してみよう♪

連れて行ってくれたお二人に大感謝です!
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム
その他トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
サポジョブげっと★
ぼうっとしちゃいますね。春ですね。
入学式シーズンなのに、桜が散りかけててなんだか寂しい。
散りかけもまた綺麗なのですけどね。
心の師匠(勝手に)みん様に教えてもらったので、今日から写真も公開です!
・・・見たくない???orz
そんな春うららな季節のFF11日記。

PTデビューからまったくお誘いがかからず、リーダーしてみようかな?
とドキドキサーチしてみても、人がいなかったり。。。
いたりしても、ドキドキ迷ってたりすると、いなくなっちゃったり。。。(*/∇\*)
みたいな、告白したくてもできない中学生みたいな気分でいたわけです。
それでも、羊をおっかけたり、蜂をおっかけたりしてるうちに、なんとか17に!
一人でもできるものだなぁー♪
なんだか達成感(笑)

と、思ったらお誘いが!!!
キャーっ久しぶりだから、入り方また忘れちゃったよ!!
なんとかPTに参加すると。。。

「hi!」

って。。。外人さん???
リダさんは日本人だったので、なんとなく安心。
だけど、飛び交う言葉は英語。
っていうか英語??
略語を使ったりしてるので、よくわからないですよ。
でも、ここはソウルで乗り切るのです!魂です!ソウルです!

とりあえず、挑発だー!
と、挑発すると、忍者さんが盾をするので、危ないとき以外は挑発しちゃだめだそうです。
勉強になるなぁ。。。
FF11世界では、忍者さんとナイトさんが盾になるみたい。
それ以外の人はあんまり敵対心をかせいじゃいけないのね。メモメモ((φ(..。)

ちょっぴり成長した私は、無事にレベルを一つ上げて、18に!
18というと、アレですよ。


サポートジョブげっつです(≧▽≦)b

サポジョブ


LSメンバー表とかみてても、ずらーっと並ぶサポジョブ項目。
一箇所だけ欠けてた私の名前。
そこが埋まるのだから、なんとなく、すごく、うれしいじゃないですか!ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪


そして、セルビナのおじぃさんに話しかけ、順番にアイテムをトレード。
無事にサポートジョブを手に入れたわけです★

セルビナから出て、ジョブチェンジをするためにどこかの町へ行こうと思います。
どうせなら、行ったことない場所。
だいぶなじんだコンシュタット高地を通って行くらしいバストゥークに行ってみようかな?
砂漠を一人で、テクテク歩き。
途中コウモリに襲われるも、なんとかやっつけて。(強くなったなぁ。。。)
ひたすらコンシュタット高地を南下。

そして、エリアチェンジ。
広がる荒廃した土地。

「うぁっここがグスタベルクかぁ。。。( ̄▽ ̄)」

目新しい敵はいないので、普通に歩いていきます。
途中、橋のところの滝が綺麗でした★
いろんな景色があるのだなぁ。

まわりにいる敵が、楽な相手か、練習相手にならない、ばかりなのでのんびり観光。
天気もいいし、遠足日和ですね♪

そして無事にバストゥークへ到着!

祝!別のおっきい町!!


地図を見て、とりあえずモグハウスへ。

「御主人さまを追いかけてきたクポ~!」

モグぅ~!!゜゜(´□`。)°゜。会いたかったクポ。
なんだか久しぶりにモグの顔を見ました。
しかも別の町まで引っ越してきてくれてるなんて。
偉すぎクポ!!
でも、どうやって移動してるのだろう??
フィールド上モグがクポクポ浮いて移動してたら面白いのに(笑)


まぁ。モグはいいのです。
サポジョブです。サポジョブです。
まずメインジョブを白魔道士にします。
そしてサポートジョブに戦士を選択!ピロリロリーン★
おぉー!ついたついた!!
これで挑発できる白魔道士になっちゃったわけなのですね!
(と思ったけど、挑発できるようになるには10まで上げないといけないのですね。。。)
何はともあれ意気揚々と、外に出ます。
武器は、シャモジです!なんで??

とりあえず蜂!蜂は怖くないはず!
と蜂を叩きます。ミミズも怖くない!
と、ミミズを叩きます。

しゃもじ


カメは怖いから叩かない!
もう、ばっちりです。脱初心者なのです。
カメさんに見つからないように、そうっと後ろを通ると、反応するカメさん。
なんでー??
あ、足音で気づくタイプだ!
カラスとは違うタイプなのにすっかり忘れて近寄ってしまったわけです。
慌てて町へ逃げ込みます。
そんなこんなで、順調に育ちます。
カメさんも怖くなくなってきたレベル5になって、ようやく魔法を手に入れました。
スニークです!あの骨も怖くなくなるスニークです!!

・・・使えない??
あぁ。レベルが上がらないと覚えることもできないのですね。
納得納得!

そういえば。ケアルはいつから使えるのだろう?
っていうか、魔法ってどうやって手に入れるのかしら??

困ったときは、フレンドさんにテル!!

・・・魔法は買うもの!!

なるほど、なるほど。それはうっかりです。
魔法屋さんにいくと、いろーんな魔法が売ってます。
ちいさいタルタルの魔法屋さんから、魔法を購入。
ケアルを覚えましたよ!
その他、ディアやポイゾナなんて買ってみました。
ポイゾナが使えばカメさんの毒々攻撃もこわくなーい!
ついでに武器もシャモジからハンマーに買い替え。
シャモジよりはずいぶん強そうですよ!

ハンマー


調子よく外に出て戦っていると、いきなりPTのお誘いが。。。
戦士だといくら待ってもこないのに、白魔道士さんは人気なのでしょうか?
レベル5でもお誘いくるのかぁ。。。と入ってみると。
外人さんが3人の、私含め4人PTです。
「よし!あの丘にのぼるぞ!
あそこのゴブリンは経験値がたくさんもらえる上に、お金までおとすんだぜ!ヘヘ(笑)」
(かなり意訳(笑))
というので、信じてついていくと、それぞれ勝手に別の敵に殴りかかります。
ゴブリンに果敢に殴りかかった黒さんが死亡。
「エキサイト!」と叫んでホームポイント(バストゥーク)に戻る黒さん。
面白いけど、経験値が全然稼げません(笑)

でも。やっぱり面白いのでしばらく付き合ってしまいました。
テンションが変に高くてイイです!

そんなこんなでグスタベルクを走り回る日々。
もうちょっと続きそうです。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム
その他トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
| ホーム |次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。